人からの評価は相対的なものでしかない

人からの評価は相対的なものでしかない

こんばんは、西橋です。

「私はダメな人間だ」

と思われている方がおられます。

何かに失敗したり、誰かにダメだと言われたり、何かしらのキッカケでそう思われています。

しかし、それは、そのとき、その時点である人から見てダメに見えたというだけの話です。

違う人、違う場面でも同じようにダメなのでしょうか?

そうとは言い切れないはずです。

違う人、違う場面では良いときもあります。

時と場合、見る人によって、評価は変わります。

絶対的なものではないのです。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ