あがり症も実は対人恐怖症

あがり症も実は対人恐怖症

こんばんは、西橋です。

あがり症は一般的に使われる言葉ですよね?対人恐怖症のように病気というイメージを持つ方は少ないのではないでしょうか?

でも、実はあがり症は対人恐怖症の一種です。

あがり症とは、「自分を大きく見せたい」「良く思われたい」「欠点を隠したい」という気持ちが強く働いて、過度に緊張して思うように話が出来なくなってしまったり、顔が赤くなってしまったり、人の視線が過剰に気になってしまったりする症状です。

身体症状としては、激しく心臓が鼓動するほどに心拍数が高まる、手や足が震えるといったことが起こります。

人前で話す、好きな人に会う、社長など権威のある人と話す、面接を受けるといった特定の場面でのみ症状が現れるのが特徴的で、直前に不安や緊張がピークを迎えるのですが、実際にその場面になると意外と大丈夫だったりします。

終わったあとはホッとした気持ちになって、思い出して不安になることもほとんどありません。

特定の場面のみの問題で生活に支障をきたすことがあまりないので軽度の対人恐怖症と言えます。しかし、放っておくと悪化してしまう場合もあるので、このあがり症の時点で克服しておく方が良いと思います。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ