あなたは人とかかわる経験をいつ積みますか?

あなたは人とかかわる経験をいつ積みますか?

こんばんは、西橋です。

人とのコミュニケーションはマニュアル通りにやってもうまくいきません。

だから難しいのです。

「当然のことでしょ?」

と言われそうですが、あなたは本当の意味でそのことを理解していますか?

対人恐怖症の克服がしづらいのもこれが原因です。

人とのかかわりの中で症状が出てしまう対人恐怖症を克服するための特効薬は人とかかわること。

しかし、その人とのかかわりはマニュアル通りにいかず、イレギュラーばかりが起こるのです。

ですから、対人恐怖症が克服しづらいものになってしまうということも言えます。

対人恐怖症にはなっていないけど、それに近い状態になっている人は、かなり増えてきています。

それは昨今のひきこもりです。

人とうまくコミュニケーションがとれる自信がないから人とのかかわりを避けてしまって、コミュニケーション力を養うチャンスを逃し続ける。

引きこもり続けてコミュニケーションに関する本を100冊以上読んだとしても何の役にも立ちません。

なんとなくの傾向などを学ぶことはできても、十人十色と言われるいろいろな人とコミュニケーションをとっていく上で、応用力というものが必ず必要になります。

それは、人とかかわる中でしか養えない感覚的なものです。

頭で考えて以前学んだ本の内容や、小説の一説を思い出して当てはめようとしてもうまくいきません。

人とのかかわりを避けている状態は、今はラクかもしれません。

人とかかわれば当然良いことだけでなく悪いことも起こりますからそのリスクは防げるでしょう。

でも、長い目で自分の人生を考えたときに、引きこもり続けるという選択肢を選ぶ人以外は、今経験しなかったとしてもどこかで人とかかわることを経験しないといけない時期がきます。

今やるか

先延ばしにするか

どちらが良いと思いますか?

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ