会社は他人の箱である

こんばんは、西橋です。

会社に勤めている日々の中で、上司の指示や会社の方針が納得できず、不満を感じることは多いと思います。

特に会社に勤めだした頃は、今までそういう環境に身をおいていなかったということもあって、自分が納得できない理不尽なことを指示されたり、指摘されたりすると不満を感じてイライラしやすいものです。

私も不満を感じて上司と言い争った経験がありました(苦笑)

しかし、ある言葉を知り考えるようになってからほとんど不満や怒りを感じなくなったのです。

それは、

「会社は他人の箱だから従わざるをえない」

という言葉でした。

何かの本で読んで知った言葉だったと思うのですが、確かにそうだなと納得できたのです。

会社というのは利益を出すために経営陣(社長、役員)が運営している箱で、他人がそこに入って働いて給料をもらうわけですから、その会社が利益を出すための方針に従うことは当然だなと思いました。

でも、この考え方は会社目線での考え方です。

これだけを考えていると「会社からの指示はどんなことでも耐えないといけないのか」と思って正直しんどくなってしまいますので、次回はそれを和らげる「働く側の目線での考え方」をお伝えしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました