のび太君が成功者?

こんばんは、西橋です。

前回ご紹介させていただいたのび太君の本ですが、実は少し疑いながら読むと、こじ付けとも言える部分が多く出てきます。

でも、たとえこじつけであったとしでも、

ダメの象徴とも言える「のび太」というキャラクターですら解釈によって素晴らしい成功者になるということ

改めてこれは非常に大切なことだなと感じました。

一般的、平均的、普通という基準からすれば劣っていると思われている人であったとしても、解釈の仕方さえ変えれば他の人よりも優れていると見ることもできるものです。

事実がどうであれ、解釈によって優劣も善悪も変わってきます。

大切なことは起った事実ではなく、それをどう解釈するか

よく言われることですが、こういう実例があったときに初めて実感できたりしますね。

コメント

  1. より:

    1 ■無題
    ありがとうございます。はげまれる記事でした!

  2. 人間関係の悩みに現実的な解決法@西橋 より:

    2 ■Re:無題
    >麦さん

    コメントありがとうございます。

    少しでもお役に立てて嬉しいです(^^)

タイトルとURLをコピーしました