失敗の概念を疑ってみる

こんばんは、西橋です。

会話するときに、

「こんなことを言ってしまったらどうしよう」

「気まずい感じになったらどうしよう」

「沈黙の間ができてしまったらどうしよう」

等といろんな不安があって、なかなか自分から話せないということはあると思います。

そして、実際にそういう事態になったとき、あなたは「失敗した」と思うかもしれません。

しかし、よく考えてみてください。

本当にそれは「失敗」なのでしょうか?

日常のコミュニケーション、雑談というものは、基本的にたわいもない話、しょうもない話を結論なく話すようなものです。

そもそも、そんなものに「失敗」なんて存在するのでしょうか?

あなたが決め付けているその失敗、本当に「失敗」なのかどうか、一度見つめなおしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました