根底にある人間関係の悩みを改善することが必要

こんばんは、西橋です。

うつ状態、うつ病、パニック障害など精神的な病気になる根底には、8割以上の確率で人間関係の悩みがあると言われています。

それほどに、この現代の日本では人間関係に悩んでいる人が多いということでもあると思います。

ですので、もし病院へ通ったりして表面化した精神的な病気を治したとしても、結局は根底にある人間関係の悩みによってまた再発させてしまうケースがほとんどです。

私がメインでカウンセリングをおこなっている人間関係の悩み、対人恐怖症などは、その根底に当たるものですので、対処法を覚えたところで簡単に改善できるものではありません。

少しずつ自信を積み上げたり、心に余裕を作ったり、客観視する力を養ったり、コミュニケーション能力を高めたり、固定観念を崩したり…こういう一見関係なさそうなことをコツコツと地道に続けることで、初めて本当の意味で改善できるものなのです。(当然、今がしんどいという状態は分かりますので、その対処法を講じた上での話にはなりますが…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました