弱いからやさしくせざるをえない

弱いからやさしくせざるをえない

こんばんは、西橋です。

氷室京介さん『ANGEL』の歌詞

この歌の

「いつでもやさしさを弱さと笑われて 弱さをやさしさにすりかえてきたけど」

という歌詞が共感できてすごく印象的でした。

弱いから嫌われるのが怖い、だから、やさしくせざるをえない

ただ、それだけのことだと思います。

過去の私も弱さをやさしさにすりかえて「西橋君はやさしいね」とよく言われていました。

でも、それはただ弱い自分を守るための手段にすぎなかったわけです。

自分を守るためのやさしさなんて所詮偽善にしかすぎません。

ですから、私は弱さをやさしさにすりかえることを止めたのです。

本当のやさしさは相手のためになるもの、時には厳しいものでもあるので、自分が強くないと持つことはできないんですよね。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ