厳しい人との関係でダメージを受けやすい方へ

厳しい人との関係でダメージを受けやすい方へ

こんばんは、西橋です。

ご存知の通り、人間関係は単純ではありません。

優しい人もいれば、厳しい人もいます。

まともな人もいれば、変な人もいます。

話しやすい人もいれば、話しづらい人もいます。

向上心の高い人もいれば、向上心がない人もいます。

気遣いができる人もいれば、無神経な人もいます。

このように、いろんなタイプの人がいるわけなんですが、自分にとって都合の良い人(例えば、優しい人)ばかりイメージして人と接していると、相手がその反対のタイプ(例えば、厳しい人)だった場合、ちょっとしたことでも深いダメージを受けやすくなります。

優しい人だという前提で「怒られるはずがない」と思っているのに、実際には相手が厳しい人で怒られたとしたら、ノーガードで殴られるようなもんですからね。

つまり、甘く見ていると痛い目にあってしまうということです。

でも、逆に相手が厳しい人だという前提で「怒られるかもしれない」と思っていて、そのとおり実際に相手が厳しい人だったらどうでしょうか?

その場合は心の準備ができているからそんなにダメージを受けずに済むのです。

これ以外のことでも、どういう前提で考えているかによって、自分が受けるダメージは変わってきますので、ダメージを受けやすいという人は一度見直してみてくださいね。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ