自分で考えて悩むことも大切

こんばんは、西橋です。

分からないことに関して、詳しい人に聞くことは大切なことです。

聞かずに間違ったまま進むのはまずいですからね。

でも、分からないことがあったからといって、自分で深く考えずに詳しい人に聞くというのはそれ以上にまずいことです。

なぜなら、もしそれでうまくいくようになったとしても、自分で深く考えていないので、同じような壁に当たったときにどう対処していいか分からなくなるのです。

毎回、同じような内容に対しても詳しい人に聞かないと対処ができない状態になってしまうわけです。(こうなると依存状態です)

私もコンサルタントの方に相談しますが、まず自分で試行錯誤した上で「こんな感じで考えてみたのですがどうでしょうか?何かアドバイスがあればお願いします。」という感じで相談します。一般企業で上司に相談するときも、こういう感じでやらないと「お前一回自分で考えたんか!」と怒られるケースもありますよね。

人間は自分で悩み苦しんでやっとつかんだことに関してはよく記憶していますし感覚としても残るのですが、自分がたいして苦労もせずに得たことはほとんど記憶してませんし感覚としても残りません。

最近、グーグルですぐに答えを検索するひとが多いのが問題提起されているのも同じです。

自分で解決できる能力を身につけない限り、同じことで悩み続け、その次元からは抜け出せないのです。

何でも自分で考えずにすぐ答えを求めてしまうクセがある人は気をつけましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました