誰にでも悪が潜んでいて当たり前

誰にでも悪が潜んでいて当たり前

こんばんは、西橋です。

人間関係や対人恐怖症などで悩む人にありがちなのが、

自分の中の悪を認めない、もしくは認めても取り除こうとすることです。

人間は誰しも心の中に悪を持っています。

  • ムカつくこと
  • 馬鹿にすること
  • イラつくこと
  • 愚痴を言うこと
  • 悪口を言うこと
  • 嫌がらせをすること
  • 八つ当たりをすること
  • 無視すること
  • 冷たい態度をとること
  • 傷つけること
  • 非難すること
  • 差別すること
  • 気持ち悪がること
  • 軽蔑のまなざしを向けること
  • 騙すこと
  • 欺くこと
  • 裏切ること
  • 偽ること
  • 嘘をつくこと
  • 嫉妬すること
  • 嫌うこと
  • ウザいと思うこと

などなど…

こういうことは人間である以上、誰もが持っているものなのです。(たぶん、持っていないとすれば、仙人か何かだと思います。)

私も「カウンセラーだからこんなことを感じてはいけない」と否定して苦しんだ時期がありました。

もし、あなたが上記に該当するものを持っていてもご安心ください。

それが当たり前ですから。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ