「できると言ってから考えろ」

こんばんは、西橋です。

私が社会人となって初めて入社した運送会社で言われていたことです。

「できると言ってから考えろ」

これは、お客さんから

「こういうのはできますか?」

と言われたときに、できるかどうかを考えてから答えるのではなく、

「できます!」

とまず答えてから、その後でどうすればできるかを考えるというものでした。

当時の私は「そんなことやってできなかったら迷惑掛かるじゃないか」と考えてまともに聞いていませんでしたが、実際に営業の仕事をやり始めてその意味を知ることになりました。

その意味とは、

「自分を追い込んでどうすればできるかを閃かせてお客さんの要望に応えること、さらにそれによってできることを増やして自分のスキルを高めて応用力を高めていくこと」

でした。

実際やってみると非常に大変ですが、これをやれば短期間で大幅なスキルアップが可能ですので、私の行動指針として今もなお活き続けています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました