カウンセラーになるために必要なことは?

カウンセラーになるために必要なことは?

こんばんは、西橋です。

先日あるカウンセリング療法のワークショップに参加して来ました。

学生さんとか多くて意欲的だったのですが、本質を間違った質問ばかりに「?」でした。

「こういう場面ではビデオのような言葉をかけるのでしょうか?」

「そのときにかける言葉は決まってますか?」

そんなの決まってるわけないし、本気で真剣に相談者さんと向き合ってれば自然に出てくるもので、表面的に何を話すかなんてどうでもいいわけです。そんな薄っぺらい決まった言葉で相手の考え方に影響を与えたりできるわけがありません。

でも、この間違いはコミュニケーションにも言えることで、表面的に何を話せばいいかにこだわる人は多いですが、それをやっても感情がこもってなければ薄っぺらく何も伝わらないどころか嫌われます。

人間は感情の生き物ですから、良好な人間関係を作っていくためには大前提としてちゃんと気持ちを込めて話すことが必要なのです。

表面的な言葉で良いことばかり言う人をあなたは信用、信頼できますか?

あなた自身がそういう人にどんな感情を抱くかをイメージしていただければすぐに答えが出ると思います。

あと、私がカウンセラーに対して思うことですが、特にお金をもらってカウンセリングをする人は、一般の会社からも欲しがられて、入社したら即戦力、周りから尊敬されるほど仕事、コミュニケーションができる人じゃないとダメだと思います。

最低限それくらいのレベルの人でないと相手の状態や考え方の変化に気付いて臨機応変に対応できないので効果的なカウンセリングができないと思うからです。

ですので、いくらカウンセラーになりたいと思っていたとしても、就職の面接で手こずって、入っても存在感すらないような人は無理ですし、悪化させる危険性が高いので無料でもカウンセリングをやるべきではないと思っています。

そういう人の場合は、まず社会に出てみて人間的にレベルアップしてからやるべきかなと思いますね。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ