自分の弱みを認めるからこそ上手くいく

自分の弱みを認めるからこそ上手くいく

こんばんは、西橋です。

人には弱みと強みの両面があり、私の場合は体力がないのが弱みの一つです。

体力のある人は睡眠時間を削って仕事に取り組んだりできる期間が長いのですが、私の場合は数日やるとすぐに風邪を引いたりして体調を崩してしまいます。また、背骨が歪んでいる影響から、背中や肩の凝りがひどいので息苦しくもなったりします。

過去に風邪を引いたときになかなか治らなくて、病院の先生から「こんなに体力のない人は珍しいわ」と言われたほどです(笑)

以上の通り、私の場合は他人と比べると体力がないという事実があるわけです。

ですので、どうしても6時間以上は睡眠をとったり、定期的に整骨院に通ったり、一日にやる仕事量も少なめに設定したりすることが必要となります。(長期的に改善するために日々ストレッチなどはやっていますが即効性はないですからね)

当たり前のことですよね。

でも、この当たり前のことをやらずに、なぜか自分の弱みを周りと比較してダメな自分を責めるということを繰り返す人が多いのです。

あなたはどうでしょうか?

周りと比較して自分を卑下しても自分に弱みがあるという事実は変わりません。

その事実を踏まえた上で何をすべきかを考えるようにしてくださいね。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ