過去と向き合うタイミング

過去と向き合うタイミング

こんばんは、西橋です。

過去につらい経験があったとき、人はそのことを考えるのがつらいのでふたをして考えないようにすることがあります。一般に言われるトラウマですね。

私の場合、小、中、高、専門学校で班やグループを作るときにいつも一人だけになって、先生か気を遣う同級生に入れてもらうことが非常につらくて、大人になってカウンセリングを受けるまで思い出すことはありませんでした。

そのときの私はカウンセラーになるために教育分析という形でカウンセリングを受けていましたから、つらかった過去を思い出しても受け入れることができたのですが、もし対人恐怖症で苦しんでいた当時にカウンセリングを受けて向き合っていれば受け入れるのに相当苦労したと思います。

ですので、

今の悩みや問題を解決する力をつける

いずれタイミングが来たらつらかった過去と向き合う

という流れでカウンセリングをおこなうようにしています。

カウンセリングを受けていただいている期間に向き合うタイミングが来なかったとしても、今の自分が成長していれば自分で解決して受け入れられますからね。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ