「助けてもらう」と「利用する」の違い

「人に助けてもらう」というのは、少し気が引けますが、悪いこととは思いません。

でも、

「人を利用する」

はどうでしょうか?

悪いこととしか思えないですよね。

やっていることは同じでも、どっちに取るかで全然違います。

行動は同じでも、どちらの考え方かによって、その人が放つオーラ、雰囲気が全然違います。

「人に助けてもらう」

には、感謝の気持ちがついてきて、恩返しがしたいという気持ちが芽生えます。

しかし、

「人を利用する」

には、感謝の気持ちはついてきません。

どちらと捉えて人と接しているかは細かい行動に出ます。

例えば、

「宅急便に助けてもらう」

「宅急便を利用する」

どちらに捉えているかで、配達員の方への接し方が違いますよね。敬語で丁寧に接する人もいれば、うっとおしそうにいい加減に接する人もいます。

どんなサービスでもお金を払えば受けられます。

当たり前かもしれません。

でも、無人島で同じようにお金を出してもサービスは受けられません。

そう考えると当たり前ではなくなりますね。

感謝の気持ちは自分を大きく成長させてくれます。

少しでも感謝できる考え方、視点を持つように心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました