自己嫌悪から抜け出す視点の変え方

自己嫌悪から抜け出す視点の変え方

こんばんは、西橋です。

「できない自分」だから自己嫌悪になる人がいます。

「できない自分」でも自己嫌悪にならない人もいます。

できない自分はダメですか?最悪ですか?

誰でも苦手、不得意な分野を持っています。

逆にできる自分はどうですか?

誰でも優れた、得意な分野を持っています。

あなたにも当然優れた、得意な分野があります。

もし、無いと言うのなら、それはまだ知らないだけです。誰にでもあります。

それは他人と比べるものではないので見つかりづらいのかもしれません。

でも、あります。

まだ見つかっていないのなら、まずそれを探しましょう。

あなたの中に答えがあります。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

2 Responses to “自己嫌悪から抜け出す視点の変え方”

  1. 心と考えと予定の整理術 | 芹沢葰 より:

    1 ■得意な分野
    人と比べれば比べるほど、自分独特の持ち味が見つからなくなってしまう気がします。

    誰だって持っていますよね!

    ただ、それを全く評価してもらえない環境で育つと、自分でもそれを評価するのが難しく感じるように思います。

  2. 対人恐怖症克服塾 西橋康介 より:

    2 ■Re:得意な分野
    >心と考えと予定の整理術 | 芹沢葰さん

    コメントありがとうございます。

    そうですね。確かに自分の優れたところを評価してくれる環境で育たなければ、自分で見つけるのは難しいでしょう。
    逆に間違った捉え方をして優れたところを劣っていると見てしまう可能性もあると思います。

    そういう人の場合は、他人に聞くのが一番です。他人に見つけてもらうか、他人の見つけ方を参考にしながら自分で見つけるかですね。見つけ方を知らない自分でいくら考えても見つからないですから。

コメントを残す

このページの先頭へ