対人恐怖症は虚像?

こんばんは、西橋です。

事実はその人の思考、考え方、捉え方によって全く違うものになります。

事実が誰かを介しても、そのまま事実として伝わることはありません。

対人恐怖症はその最たるものだと思います。

事実は何でもないようなことなのに、自分を責めている、悪く言っている、やっぱり自分はダメだと知らせている等と勝手にマイナスに解釈してしまっています。

そう考えると、

「思考、考え方、捉え方が生み出した虚像、それが対人恐怖症」

とも言えるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました