カウンセリングへの本音

カウンセリングへの本音

こんばんは、西橋です。

今日はすごく当たり前のことであって、大切なことを自戒の念も込めて書きたいと思います。

カウンセリングというのは、悩んでいる人の問題を解決できるようなそんな大それた有能なものではありません。

ただ、悩んでいる本人が悩みを解決するためにサポートをするためのものでしかありません。

ですから、一人で本を読んだり、誰かに相談したりして解決できる人には必要ないのです。

そんな人が高いお金を払ってまで受ける必要はないと思っています。

必要なのは、解決しようとあらゆる方法を必死に頑張ったのに、結局解決することができなかった人。

カウンセリングはそういう人の

混乱した頭の中を整理して、

解決できるように正しい方法、適切なタイミングを伝えて、

継続するためのモチベーションを維持し、

本人が気付かないことを客観的に伝えて教えるもの

だと感じています。

カウンセリングって言ってもぜんぜん万能じゃないし、人によっては役に立たないもの。

でも、必要な人には必要なので、一人でも多くの人にまずは知ってもらえるように頑張りたいと思います。

⇒対人恐怖症克服に役立つ最新のコラムはこちら

コメントを残す

このページの先頭へ